腰痛 整体 出張 産前産後の骨盤矯正 川崎 横浜 武蔵小杉 都内 腰痛救急センター

産前 産後 腰痛 ぎっくり ギックリ腰 坐骨神経痛 腰部椎間板ヘルニアなど 腰痛救急センター メール問い合わせ

HOME > 腰痛について

皆様が、お困りの腰痛について、わかりやすくご説明させていただきます。

腰痛は、腰の筋肉だけではなく、骨盤のゆがみやねじれ、腰椎のズレ、椎間板の

圧迫、内臓疾患など様々な原因がありますが、約80%は筋肉系のバランスの

ゆがみから起 こるものがほとんどと言われています。

『腰痛救急センター』では内臓疾患以外の急性腰痛、慢性腰痛に対応しています。


産前産後の腰痛や恥骨の痛みについてはこちら>>


腰痛について

腰痛でお困りの方は1000万人位が、なんらかの形でいらっしゃると言われています。

成人の方ではほとんどの方が、生涯に一度は腰痛を経験するとも言われています。腰痛を大きく分けると慢性と急性にわかれます。

症状が出てから3か月までを急性、それ以降も症状がある場合は慢性と言われますが厳密ではありません。

骨盤、仙骨、股関節、背中の筋肉など様々な部位と色々関係しており、お尻の痛み、骨盤全体や仙骨が詰まるような症状や、太腿やヒザの違和感など人により様々な、症状を言われます。

また、自立神経の崩れから肩こりや腰痛の症状が現れます。関節や骨のズレなどは整形外科などの医療機関で、検査をして確認が取れますが筋肉の問題から来る症状に関しては、原因不明と言われる事もまだまだ多く私共、整体治療に関わる施術者たちの領域になります。

急性腰痛の代表的なものとして、ぎっくり腰があります。
○(ギックリ腰・ぎっくり腰)に、ついてはページ下部に詳細がありますのでご参照ください。よく「魔女の一撃」と言われることがあります。また発症時の感覚を言葉に表すと
「ギクっと音がしたとした」 と言われることからこう呼ばれるわけですが、その瞬間は
強烈な痛みに襲われます。ぎっくり腰になってしまうと、立っても痛い、 座っても痛い、
寝ても寝返りが打てないという状態になってしまいます。
そして、 ギックリ腰が癖になり再発するごとに症状がきつくなる方が多くおられます。

1.筋膜部位の痛み (腰部の筋肉の痛み)

これは腰部にある筋肉やそれを包む膜が部分断裂、微小断裂して起こります。

普段しない動作を繰り返したり、突然の動作、また転んだりした時の衝撃に よって起こります。比較的軽い損傷であれば痛みもすぐに治まりますが、 それを繰り返すうちに損傷の程度が大きくなり、痛みも強く長引くことに なります。直後から痛むこともあれば、数時間経ってから痛み出す場合も あります。

2.椎間関節の痛み (腰骨のズレの痛み)

椎間関節とは脊柱 (背骨) の骨の事と捉えてください。

この関節により脊柱 (背骨) の動きがコントロールされています。腰を無理に反ったり、腰を反った状態で身体を 捻じったりすると捻挫の状態になります。この時、椎間関節がわずかにズレたり、 周囲の軟部組織を関節に挟みこんだりします。

3.仙腸関節の痛み (仙骨と骨盤の間の痛み)

仙腸関節とは骨盤の関節で、真ん中の仙骨と左右両側の腸骨とを結ぶ関節です。 通常この関節は可動域が少なく安定した関節ですが、様々な原因により不安定になり ます。

例えば、腰部への外傷(交通事故、スポーツ、転倒)妊娠、出産、更年期、 長期にわたる小さな外傷(長時間椅子に座る、腰をねじる)などから起ります。 その結果ふとした動作が、キッカケで症状を発します。  仙腸関節の可動域が大きくなると、腰痛の再発が頻繁になります。よって長期に 渡る経過観察が必要になります。

ぎっくり腰 (ギックリ腰)

☆なぜ、ぎっくり腰になるのでしょう?

原因は過度の腰部筋肉の疲労と、瞬間的な腰部筋肉への負荷が大きくなった ためです。 
また、骨盤のゆがみも腰痛全体の原因の一つになります。
症状の状態も色々ありますが、ほとんどの場合背筋が伸びない!寝返りが痛い! トイレに行くのに大変!起き上がりが痛くて飛び上がる!シップをしても利かない! などの症状の方が多いものです。 また、マッサージや整体を受けたら余計に痛く なってしまった!というお話しも多く聞きます。
ぎっくり腰になる場合は、腰部周辺の筋肉が毎日の姿勢の悪さや、 疲労に耐えて ガンバッテいますが、これ以上は無理です!という 時にギクッ!となります。
(音がはっきり聞こえるわけではありま せんが、その様な感覚になります。) 椎間板ヘルニアと同じ様な痛みを感じる場合もあります。 元々、椎間板ヘルニアや 坐骨神経痛の方もぎっくり腰とは、兄弟関係の様なところがあります。

☆医療機関での処置・・

整形外科などの場合は、シップや痛み止めを処方されて安静にする事と言われます。

また、骨盤ベルトなどを利用される方もいるようです。

☆応急処置・・

なってしまった時は、腰痛救急センターまでお電話ください。

整体にお伺いさせていただくまでのお時間の間に、ご自分で対処していただける方法をお教えしています。 一般的には、安静にして2日から3日で楽になる場合がありますが、1週間たっても 改善せずに余計に痛くなる方もいらっしゃいます。  (股関節やヘルニア、坐骨神経 などが関係している場合) 少し体が動けるようになったら腰痛体操などをして自分で ストレッチをしたりして改善も可能ですが、安易なストレッチは痛みをぶり返すことにも なることが多々ありますので注意してください。

当院の整体対応・・

原因である腰部周辺の筋肉組織、及び腹部筋肉に独自のアプローチをいたします。 緊張を与えない独自の手法を施し患部の痛みや 腫れを改善させます。 骨盤調整、体のゆがみ調整、筋肉組織の緊張改善を行い 症状の回復を図ります。 その方の症状にもよりますが、通常のぎっくり腰であれば、1回から2回で改善される方が 多い状況ですが、残痛は数日の間は残ります。

(間板ヘルニアや坐骨神経痛、腰部筋肉の硬さが強い方や、以前よりお体の歪みなどが、 強い方は、そちらの症状も改善も必要になりますので、回数や日にちが、かかります。)


また、妊婦さんの場合やうつ伏せになれないと施術ができないからと、お断りされる ことが多いようですが、当院では他の整体店と違いお受けになる時の姿勢は 選びませんので、一番お体に負担が無い楽な姿勢で受けていただきます。 また、当院では母体に一切負担を与えず痛みもない、安心で安全な整体技術を 施しています。

急性以外の腰痛が慢性腰痛と呼ばれます。
発症から3か月以上経った腰痛、何年来の腰痛は慢性になります。
一般的に「腰痛持ち」と言われる方々で、何十年来の腰痛から半年くらい前 からの腰痛など様々ですが、やはり腰痛になって からの時間が長ければ長い ほど治療は長引きます。また痛みやしびれが下肢に拡がることも少なくありません。

慢性腰痛の主なる原因は、きっかけが はっきりしない事や原因がいくつも絡んでいることも 多いので判断はつきにくい場合がほとんどです。 しかし慢性腰痛の原因の8割は筋肉からの原因で骨など の変位を引き起こしているものです。

慢性腰痛の主なる原因

慢性腰痛は、きっかけがはっきりしない事や原因がいくつ も絡んでいることも多いので、判断はつきにくい場合が、 ほとんどです。  

しかし慢性痛の原因の半分は 筋肉によるも のだと言われており、医療現場では筋肉に障害を持ってい る人が多く足を運んでいます。

1.筋・筋膜性疼痛 (一般的な筋肉組織の腰痛)

これは筋肉やそれを包む筋膜にできた 「トリガーポイント」(痛みの原因)と呼ばれ る硬結から痛みが出ている疾患です。押えるとコリコリと硬く、圧痛があります。 この疼痛の特徴は放散痛です。症状が広がると痛みが周りや遠隔部に及びます。

原因としては、筋や関節への直接的な損傷、筋肉への慢性的な負荷(姿勢不良など)、 エアコンの冷風)などがありますが、基本は筋組織の代謝障害と言われています。 また、自立神経である交感神経の興奮で発生しやすいとも言われています。

2.椎間板の変性による痛み

これは椎間板が原因で痛みの出る腰痛です。

○(椎間板ヘルニア)については、ページ下部に詳細がありますのでご参照下さい。

骨と骨の間にある髄核(軟骨状の物)が飛び出したものです。 急性腰痛では激しい痛みが特徴となりますが、それを繰り返すと椎間板自体が変性を 起こし神経根の周囲の炎症、癒着が進み鈍く深部がうずくような痛みが現れてきます。 またヘルニアが神経を圧迫すると下肢に痺れなどが現れます。

※しかしヘルニアが原因の神経圧迫では痛みや痺れは出ないという考えも最近では 言われています。          

               正常                     ヘルニア状態

           

3.腰椎圧迫による痛み

腰椎圧迫からくる腰痛として坐骨神経痛と脊柱間狭窄症があります。
○(坐骨神経痛) についてはページ下部に詳細があります。
腰椎から出る末端神経の坐骨神経
が何らかの原因で圧迫や刺激を受けることで、 おこる激痛やしびれといった症状です。
腰部の神経が圧迫されるにもかかわらず、痛みやしびれは腰だけでなく、 お尻や足など、下半身全体に及びます。 腰部、臀部、大腿の後面、膝、 ふくらはぎ、足の裏まで、繋がっているため電気が通るような痛みとしびれが 足の末端まで走ります。

○脊柱間狭窄症の場合は間欠跛行(かんけつはこう) が特徴的な症状です
腰からお尻、大腿部、ふくらはぎにかけてしびれや痛みなどもあります。
※腰痛救急センターでは、改善が可能ですのでご相談ください。
20~100メートル程歩いたら足がこわばって歩けない症状=間欠跛行 (かんけつはこう)、正座が出来ないなどの特徴的な症状があります。
また、下腹部の周辺に 不快感が有ったりもします。坐骨神経痛と症状は近いものが あります。 原因は椎間板が老化によって薄くなると、椎骨同士が直接ぶつかり合い 変形します。 背骨(脊柱)の中央には神経を通す「脊柱管」と呼ばれる空間があります が、変形した 椎骨は脊柱管のほうへ突出して、中に通っている神経を圧迫します。
そのため、 痛みやしびれなどの症状が起こるのです。
・中高年に多い
・腰を反らすと痛みが悪化する
・前かがみになったりイスに掛けたりすると楽になる
・歩いたり立たなければ無症状のことが多い
・仰向けになると痛い などの症状を訴えます。

☆腰椎分離症・腰椎すべり症

腰椎分離症は腰椎の骨の一部が離れてしまうもので、腰椎すべり症は腰椎の位置が ずれたものをいいます。腰椎が不安定になり神経を刺激して腰痛の原因になることがあります。

原因は、ほとんどは子どものころにスポーツなどで繰り返し負荷がかかったために、 疲労骨折を起こしたものと考えられています。また、体質的な要素もあるとも言われています。 腰椎は、軽く前方に弯曲(わんきょく)しています。

椎間板(ついかんばん)や椎間関節によって、 腰椎がずれないようになっていますが、椎間関節の形や椎間板の変性によって腰椎を固定 しずらくなりズレが生じます。これを「腰椎変性すべり症」といいます。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、腰椎(腰の骨)の間にある椎間板(骨と骨の間にある軟骨状の もの)が、骨の間から飛出ることにより起こる痛みの症状です。
自覚症状としては、主に腰から足先にかけての痛みやシビレで、脚の皮膚感覚が鈍い、 座った状態から立ち上がるときに辛い!筋力の低下!排尿障害などをおこす事もあり ます。

咳をしたり、くしゃみをすると腰に大きな衝撃が走り痛みが強くなったりします。

また、前かがみの姿勢になると痛みが強くなるなどの痛みの変化があります。椎間板(骨と骨の間にある軟骨)とは、腰椎を構成する骨と骨の間にある柔らかいクッションのような役目を持ち、飛んだりした時に着地の衝撃を和らげる為や、腰を柔軟に動かす為の働きをする軟骨のことです。 

形はおまんじゅうを平らにつぶしたような形をイメージしてください。

まわりの皮の部と、あんこの部分に当たる髄核(づいかく)というものがあります。

ヘルニアとは、この髄核(あんこの部分)が、何らかの原因により腰椎の骨と骨の間から飛出てしまった状態をいいます。その突出した部分が、腰椎の脇を通る神経を刺激して痛みやシビレをおこします。

☆椎間板ヘルニアの原因は・・

腰椎の周りの筋肉組織が硬く左右バランスが違い硬くなっている場合や柔軟性がなく常に腰が硬い状態の方がなりやすいものです。

腰椎の周りに付いている筋肉が継続的な緊張により硬くなった筋肉が腰椎を左右どちらかに引っ張ってしまう事で、腰の骨(腰椎)が曲がってしまい、あんこ部分の髄核を挟むようにある骨が、そのあんこである髄核を押しつぶすようにして飛び出させてしまいます。

中腰で重たいものを持ち上げた、スポーツで腰をひねったなど、背骨に負担がかかった事等がよく知られていますが、その原因として骨や椎間板の老化・悪い姿勢などがあり思いあたる原因がなくてもおこる場合があります。

しかし、医療機関で検査をしてヘルニアといわれても痛みの原因がヘルニアで無い方もいらっしゃいますから、全てのヘルニアが痛みを伴っているわけでもありません。

☆椎間板ヘルニアのチェック方法・・

厳密では有りませんが、ご自分で確かめる簡単な方法としては、仰向けになり痛い方の腰側の足のヒザを自分のお腹側に引き寄せる事で、強く痛みが感じられるようなら椎間板ヘルニアの症状が考えられます。

ただし、筋肉が硬く筋肉痛の様な場合は同じ様にチェックしても痛みがありますが、ヘルニアの様な強い痛みとは違います。

☆医療機関での処置・・

急性期は、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤を内服し、痛みの緩和を図り ます。

コルセットなどで固定し、安静にして同時に、ブロック注射を行い痛みのコントロールをする場合も多いようです。 急性期を過ぎると、温熱療法・電気治療・ストレッチなどの指導がなされます。 これら保存療法で改善される場合もありますが、急性期が過ぎても症状がわらない場合は牽引療法を行う場合も有りますが、逆に 症状を悪化させる方もいらっしゃいます。 また排尿排便障害や重症の場合は手術の適応になります。

当院の整体対応・・

原因である腰部周辺の筋肉組織に独自のアプローチをいたします。
筋肉に緊張を与えない独自の椎間板ヘルニア向けの手法を施します。 骨盤調整、 体のゆがみ改善、筋肉組織の緊張改善を行い症状の改善を図ります。 手術を回避 することも可能です。
脊柱間狭窄症の場合も対応が可能ですので、脊柱間狭窄症の方はご相談ください。

坐骨神経痛

腰から足にかけての「痛み」、「しびれ」、「圧痛」。

このような症状は、年齢を重ねるにつれて 多くの方が経験していると思います。
また、若い方でも経験している方もいらっしゃると思います。 坐骨神経は腰から臀部、大腿後面を下り、足先にまで伸びている末梢神経のひとつです。
人体の中で最も太い神経で、比較的皮膚に近い位置にあります。 この神経に何らかの要因が加わることで、神経に沿った痛みやシビレが誘発されます。 このような症候を総称して坐骨神経痛と呼んでいます。
また、坐骨神経痛の症状としてはこの他にも、神経に沿った圧痛、神経 障害の徴候として、筋力低下や筋萎縮、知覚障害なども認められること があります。
坐骨神経痛の原因には主に神経根の圧迫と、梨状筋の過度の緊張に よる神経の圧迫から様々な症状が出ます。

・・坐骨神経が圧迫される要因・・
・脊柱間狭窄による腰椎の変形
・長年の姿勢の悪さ
・長時間同じ姿勢による骨格の変形
・重いものを持ったときの筋肉の緊張
・腰椎自体の変形やカリエス
・栄養不足による骨の異常
・妊娠による腰椎の圧迫
・前立腺の異常

☆自覚症状としては・・

腰が痛い! お尻から太ももの後ろ側が痛くてシビレもある! 椅子に座っているだけでも痛い! 足首まで痛みや痺れがある! 寝ても起きても痛いツライ!

このような症状がある方は、坐骨神経痛の症状です。

(症状の強弱や範囲は人それぞれです。)

痛みの症状は腰の骨の中を通っている神経が周りから刺激を受けて痛みます。 ですから、整体では腰の周りの筋肉を調整し臀部、太ももの裏側、ふくらはぎ、背中の筋肉周辺などの筋肉の緊張を改善していき ます。 一回で良くなる事は有りません、体の状態を確認しながら症状の改善を行うことになります。

電気治療やマッサージだけで良くなる事は難しいのが現状です。 その時だけ少し楽になってもすぐに戻るようでは、根本的な回復にはなりませんね。

当院の整体対応・・

原因は腰部周辺の筋肉組織になる為、関係している股間節や臀部などの筋肉へ 独自のアプローチをいたします。
骨盤調整、体のゆがみ改善、筋肉組織の緊張改善を行い症状の改善を図ります。 脊柱間狭窄症の場合も対応が可能ですので、脊柱間狭窄症の方は、ご相談ください。

腰痛救急センターへの各種お問い合わせご相談はいつでもお気軽に お問い合わせはこちら

PageTop

■サイドバナー■

腰痛メニュー

事業概要

腰痛救急センター

電話:080-6564-4758

メール:メール問い合わせ



■携帯サイトQRコード


■ブログQRコード




HOME - 腰痛について - お客様の声 - よく頂くご質問 - 骨盤矯正 - 産前・産後の腰痛や恥骨の痛みについて

骨盤矯正写真ビフォーアフター - 肩こりは揉んだりしない方が楽になるって知っていますか - お体の状態のいろいろ

料金メニュー施術の流れ - ある日の回復記録 - プロフィール - リンク - 事業概要 - お問い合わせ - サイトマップ